2018年7月9日月曜日

外山昭彦さん、吉田治さんクリニック


 7月6、7、8日の3日間、トランペッター外山昭彦さんと、サクソフォニスト・アレンジャー吉田治さんによる、バンドクリニックを実施しました。
 いつもながら、気迫のある、熱の入ったご指導に感謝いたします。
 このクリニックでは、16ビートの曲の練習方法、楽器の基礎的な奏法、音楽づくりなど、幅広く、同時に深い講習となりました。
 4ビートは三連譜のブルーブなので、ファジーな部分が多く、それだけ演奏者の個性が発揮しやすいのに対して、16ビートは、正確に16分音符を取ることが肝心であることを学びました。
 夏の練習に向かい、多くの課題、宿題を出していただいた、実りあるクリニックとなりました。
 今回、わたくしの自宅が両先生の宿舎となり、連夜、遅くまでご教授いただきました。写真は、卒業生で、今年山のビッグバンドコンテストに新潟県から初出場する、敬和学園大学ジャズ・クエストの前バンマスと現バンマスの、大屋と早瀬も参加しての一コマ。
 外山さん、吉田さん、ありがとうございました!

参加生徒:33名
講師:外山昭彦さん、吉田治さん

0 件のコメント: