2009年9月23日水曜日

ひだまり祭


 今年も、太陽福祉会ふれあいさんの、「ひだまり祭」で演奏させていただきました。
 毎年、ノリノリで聴いてくださり、演奏する私たちもたくさんのパワーをいただいています。
 特に「ポニョ」と Sing Sing Sing では、大勢の皆さんが踊ってくださいました。音楽の持つ力はすごいですね。言葉や価値観を超えて、リズムが体を動かしてしまうのですから。
 そして毎年恒例のカレーをごちそうになりました。
 とてもおいしかったです!それから、お菓子やジュース、ありがとうございました。
 卒業生のヤナギさんが一生懸命施設で働いていました。それから、卒業生の保護者であるケラさんも、大変良くしてくださいました。敬和学園の関係者の良いお働きを見て、勇気をいただきました。
 最後の片づけでは、部員全員で、10張近くのテントを解体しました。テントの折りたたみも、プロ並みに上達しました。(笑)ぜひ、来年も呼んでいただければ幸いです!
 さて、いよいよ私たちの定期演奏会、「大夫浜コンサート」が近づいてきました。10月2日、本校チャペルで6時半より開演です。入場は無料です。
 このコンサートで3年生が引退します。テナーのアカネやボーンのノユリのソロもこれが聴きおさめ。イクミのハイノート、マキのアドリブ、ネギシ、マスダ、シマ、ショウタンの最後の晴れ舞台です。皆様のお越しを心からお待ちしております!

2009年9月6日日曜日

リサ・テイラー


 私たちのバンドには、アメリカからの留学生、リサ・テイラーがいました。
 リサはお母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人。一年間の交換留学で敬和学園にやってきました。そして何を思ったのか、ジャズ・ホーネッツに入団したのです。
 楽器は初心者。トランペットを生まれて初めて吹きました。正直言って、へたくそでした。それでも、練習は毎日かかさず来てくれました。
 ほんとうに変なアメリカ人でした。日本の部活動って、ちょっとマニアックなところがあります。土曜日、祝日、長期休みも毎日練習。そんな、日本独特の根性部活に、リサはとっても良く馴染んだのです。
 明るくて、面白くて、元気なリサは、演奏の合い間には冗談を言ったり踊ったり歌ったり、わたしたちを笑わせてくれました。
 コンクールのオーディションにも出ました。残念ながらレギュラーメンバーにはなれませんでした。ところが、コンクールに出られないということが分かっても、毎日ロングトーンをして、練習を続けました。
 普通の交換留学生は7月末で帰国します。ところが、リサは自分が出場できないコンクールを応援するために、夏休み中日本に留まり、6泊7日の強化合宿にも参加し、毎日、走ったり腹筋運動をしたり、外で真黒になるまでロングトーンをしたり、全ての強化メニューを一緒にやりました。「出場できない自分が頑張ることで、出場するメンバーに勇気を与えるんだ」なんて、まるで日本人みたいですね!しかも、アメリカに帰ってトランペットを続けるかどうかも分からないのに…
 いよいよ帰国直前の最後の日。わたしたちは、ディズニー、トイ・ストーリーのテーマソング、You've Got A Friend In Me をリサのために演奏しました。邦題は「君はともだち」となっていますが、ニュアンスとしては、「友達ならここにいるじゃないか!」というような意味です。
 曲を聴いていたリサは泣き出しました。それを見て、トロンボーンのノユリも泣き出し、ソロが吹けなくなりました…
 8月21日、リサは帰国しました。「みなさんと一緒に演奏できたことを誇りに思います!」そんなメッセージを部室の壁に残して…
 リサ、ジャズ・ホーネッツに来てくれてありがとう。
 いつでも日本に遊びに来てください。
 You've Got Freiends In Us!