2018年8月31日金曜日

告知 定期演奏会太夫浜コンサートを開催いたします。


「太夫浜コンサート」のご案内

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 下記の要領で、本校器楽部Jazz Hornetsによる定期演奏会、「太夫浜コンサート」を開催いたします。このコンサートをもちまして、3年生(49回生)と顧問辻元が引退いたします。ながらくお世話になりました。以後は、村田茜がJazz Hornetsを率いることになります。今後ともよろしくお願いいたします。
 器楽部Jazz Hornetsは、ジャズ・ビッグバンドを演奏する高校生バンドとして、新潟県内はもとより、全国的にも評価していただけるようになりました。一昨年は、ステラジャムにて、念願のグランプリも受賞いたしました。今年は姉妹バンドである、敬和学園大学Jazz Questが山野ビッグバンドジャズコンテストに、新潟県から初出場を果たしました。
 当日はわたしたちの講師、トランペッター外山昭彦さん、サックス奏者アレンジャーの吉田治さん、サックス奏者日比野則彦さん、トロンボーン奏者マーク・マリンさん、そして音楽プロデューサー・リズムセクション指導者の宮澤裕行さんがゲストとして演奏に参加して下さいます。わたしたちも皆さんに楽しんでいただけるよう力いっぱい演奏いたしますので、ぜひお越しくださいますよう、ご案内いたします。


会場:敬和学園高等学校チャペル
日時:20181026日(金)午後430分開場
5時 第一部 OBステージ開演(OBバンドおよび、Jazz Questによる演奏)
6時 第二部 敬和学園高校Jazz Hornetsステージ開演
830分終演
曲目:吉田治Snakes、デューク・エリントン”Happy Go Lucky Local” ほか。
その他:入場無料です。お帰りの際、新潟駅行きチャーターバスを2台、ご用意いたします。(①豊栄駅→旧七号線→新潟駅行き ②空港線経由新潟駅行き)駐車場もございます。

その他:コンサート後、OB会をいたします。OBの皆さん、盛り上がりましょう!

2018年8月30日木曜日

アルビレックス応援


8月26日(日)ビッグスワンにてアルビレックス・新潟の応援演奏を行いました。
雨のぱらつく中でしたが、お客様には暖かい声援を送っていただきました。
アルビは残念ながら勝つことはできませんでしたが、精一杯応援の気持ちを込めて演奏することができました。
演奏の模様は、NCTケーブルテレビで生放送されました。

参加生徒31名

2018年8月27日月曜日

夏合宿を行いました


 8月20日から23日まで、3泊4日で夏合宿を行いました。
 今年も、トランペッターの外山昭彦さん、サックスプレーヤー・アレンジャーの吉田治さん、音楽プロデューサー・リズムセクション指導者の宮澤裕行さんの3人の講師の先生方にご指導いただきました。
 毎回、お三方のご指導は厳しく、深く、熱いものでした。「思わず、相手が高校生だということを忘れてしまいました」とは吉田さんの言葉。それほど本気で向き合っていただき、感謝にたえません。外山さんは還暦を迎えられ、「教えられることは全て教える」と、金管楽器を厳しくご指導いただきました。宮澤さんはグルーブについて理論から説明して下さいました。
 合宿中、姉妹バンドの敬和学園大学Jazz Questが山野ビッグバンドジャズコンテストに出場したため、わたしは一日そちらの応援に行きました。素晴らしい演奏でした。わたしたちはステラジャムという大会に出場していますが、高校の3年間で結果を出すような取り組みではなく、長くジャズという音楽を楽しむことができるようになることの大切さを改めて感じました。山野に出場したメンバーは、高校生のとき、みんな下手糞だったのです!
 本物の音楽。音楽への向き合い方。音楽を楽しむということ。音楽の素晴らしさ。感謝のこころ。それらを学ぶことが、何より大切なのだ。そのような合宿であったことに、感謝いたします。

参加生徒:31名
 

2018年8月26日日曜日

兄弟バンドの敬和学園大学Jazz Questが、山野ビッグバンドジャズコンテストに出場しました。




敬和学園大学Jazz Questが山野ビッグバンドジャズコンテストで演奏しました。
エリントンをレスペクトし、アコースティックジャズビッグバンドのコンセプトを高校から引き継いだ、Jazz Questの檜舞台。
新潟で生まれ育ったエリントンバンドが、全国大会でその演奏を響かせている。
素晴らしい演奏でした。感動しました。順位は関係ありません。
たった700人ほどの小さな地方の大学から、数千、数万の学生を擁し、音大生も活躍する首都圏の大学と肩を並べて演奏するその大変さを思えば。
部が立ち上がってから、5人での演奏が一年続きました。ドラムはなく、タンバリンとベース、アルトサックス、トランペット2本。
ビッグバンド編成では、高校生の助っ人が必要でした。
それでも年間20回以上の訪問演奏を行い、「わたしたちの目標は山野です!」と言い続けてきました。
創設メンバーの大屋と荏原は4年生。
高校からジャズを始めて7年目。
大学最後の年に間に合いました。
色んなピンチを乗り越えてきた荏原。
どんな時も諦めずにバンドを引っ張ってきた大屋。
今までお疲れ様、ありがとう!


最後に3年間バンマスを務めた大屋がフェイスブックに投稿した言葉を引用します。

「私たちは今できる最大限以上の演奏をすることができました!悔いはありません!私たちは、音楽を楽しみ、バンドメンバー1人1人を大切にして、審査員受けする音楽ではなく、私たちのしたい音楽、これまでクエストしてきた音楽を自信を持って会場に響かせてきたのです!2015年にメンバー4人から始まったJazz Quest。全国大会を目指してると言っても、大抵の人は本気にしてなかったと思う。でも、信念を持って頑張れば夢が叶うことを証明した!本当に嬉しい!幸せ!しかも、初めはたった4人だったのに、こんなに部が成長して、応援してくれる人もこんなに増えて、なんて最高なんだろう!みんなありがとう!」

2018年8月25日土曜日

オープンスクール 私学フェア


8月18日(土)、敬和学園高校のオープンスクールがあり、200名の中学生が来校しました。わたしたちは、チャペルで演奏し、未来の敬和生(52回生)を歓迎しました。

参加生徒31名



翌8月19日(日)は、新潟日報メディアシップにて、県内私立高校を紹介する「私学フェア」が開催され、敬和学園をアピールするために、わたしたちJazz Hornetsが演奏しました。ジャズは個性と協調性の二つが同じだけ必要です。個性的な敬和学園の雰囲気をとてもよく表していると思います。大勢のお客様から熱烈な拍手をいただきました。

参加生徒18名