2018年8月27日月曜日

夏合宿を行いました


 8月20日から23日まで、3泊4日で夏合宿を行いました。
 今年も、トランペッターの外山昭彦さん、サックスプレーヤー・アレンジャーの吉田治さん、音楽プロデューサー・リズムセクション指導者の宮澤裕行さんの3人の講師の先生方にご指導いただきました。
 毎回、お三方のご指導は厳しく、深く、熱いものでした。「思わず、相手が高校生だということを忘れてしまいました」とは吉田さんの言葉。それほど本気で向き合っていただき、感謝にたえません。外山さんは還暦を迎えられ、「教えられることは全て教える」と、金管楽器を厳しくご指導いただきました。宮澤さんはグルーブについて理論から説明して下さいました。
 合宿中、姉妹バンドの敬和学園大学Jazz Questが山野ビッグバンドジャズコンテストに出場したため、わたしは一日そちらの応援に行きました。素晴らしい演奏でした。わたしたちはステラジャムという大会に出場していますが、高校の3年間で結果を出すような取り組みではなく、長くジャズという音楽を楽しむことができるようになることの大切さを改めて感じました。山野に出場したメンバーは、高校生のとき、みんな下手糞だったのです!
 本物の音楽。音楽への向き合い方。音楽を楽しむということ。音楽の素晴らしさ。感謝のこころ。それらを学ぶことが、何より大切なのだ。そのような合宿であったことに、感謝いたします。

参加生徒:31名
 

0 件のコメント: