2012年8月26日日曜日

合宿 主の港教会 万代橋誕生祭

暑く、長い夏休みの練習でした。8月16日から24日まで、朝8;30分から18:00まで、40度を超える部室での練習。途中から教室にクーラーを入れてもらい、そこでパート練習をすることができ、何とか乗り切ったという感じです。その最後の締めくくりが、海辺の森キャンプ場でのBBQ。またコバヤシナミヨさんのお父様にお肉を提供していただきました。感謝です!この日、OBのナカムラチヒロくん、ウチヤマくん、ウエダユウダイくんとコスゲノゾミさんも参加してくれました。
  テントに泊った翌朝は、海で体操。体操の前に、9月のステラジャムで演奏する予定の、パットメセニー作曲、The First Circleにちなんで、全員丸くなり、独特の変拍子の手拍子を皆で練習しました。世界がまだできたての頃、生物も森も川も、一つの円環でした。やがて人間が生まれ、世界の調和は少しずつ乱れているように思います。最初の円環、世界の調和が再び回復されることを祈って、この曲を心を込めて演奏しようと思っています。
  合宿が終わり、1、2年生が午前中で帰った後、3年生は主の港教会で演奏させていただきました。教会で働く加山献くんは敬和学園の卒業生。アメリカでジャズを学び、帰国した後、教会で働きながら月に一度コンサートを企画しています。加山くんとのセッションも実現し、大いに盛り上がりました。この演奏は入場料が500円でしたが、東日本大震災の義援金として寄付されることになっています。
そしてその翌日、8月25日は万代橋誕生祭。炎天下、2ステージの演奏でした。あまりの暑さに、演奏しているわたしたちも大変でしたが、聞いてくださったお客様も本当にお疲れ様でした。後半の練習、合宿、そしてこのステージにも応援にかけつけてくれたOBのナカムラチヒロくん、ウチヤマくん、ありがとう!

2012年8月11日土曜日

平和祈念のつどい、からのバーベキュー!

8月10日、新潟市内で行われた、「にいがた平和祈念のつどい」で演奏させていただきました。演奏後、広島に平和学習に行った中学生と、新潟大学の中国人留学生、そして、敬和学園高等学校の生徒たちの発表を聞きました。原爆体験が風化しないように、一生懸命取り組む若い世代の姿を見て、頼もしく感じました。
 この日の演奏は、夏休みの最中ということで、1年生9名、2年生3名、3年生4名という、1年生を中心にした16人のメンバーで行いました。9日に入念にリハーサルしたので、1年生はとてもしっかりした演奏ができたと思います。
さて、演奏が終わると、1年生部員のコバヤシナミヨさんのお宅に部員全員がおよばれして、大焼き肉パーティーをしていただきました。
 小林さんは、新潟市白根の農家で、農業だけでなく、豚や牛も飼っておられるのですが、その豚と新鮮な野菜をごちそうになったのです!
 見て下さい!この肉、肉、肉!これで半分ほどです。

およばれしたお礼に、Jazz Hornetsからは、Satin Dollを演奏させていただきました。お父さんお母さん、ビール片手に、「夕日とジャズが合うなー!」と喜んでいただきました。
 例えて言うと、鶴瓶の「家族に乾杯」と、「キッチンが走る」というNHKの番組を二つ合わせたような素晴らしい夜となりました。人の温かさ、新鮮な食材のおいしさ、交わりの楽しさ、音楽の豊かさ。人生に必要なものは全てここにありますね!
 部員一同、お腹いっぱいになりました。本当に感謝いたします!!