2015年11月26日木曜日

古い部室が取り壊されることになりました

新しい部室が、12月11日(金)に完成します。
いままでおせわになった部室は、12月21日(月)に解体される予定です。
解体される部室にお別れを言いたいOBの方は、どうぞおいで下さい。
取り急ぎ、ご連絡まで。

2015年11月16日月曜日

定期演奏会 第39回太夫浜コンサートを行いました



去る10月23日(金)、敬和学園高等学校チャペルにて、第39回太夫浜コンサートを行いました。350名を超えるお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。
このコンサートをもって、46回生19名が引退しました。

3年生ながらコンクールメンバーに選ばれなかったベースのカナザワとドラムのアツヒコが、大トリのBird Landを担当。素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
いろいろ悩んだ時期もありましたが、3年になってから部活大好きになったマコト。コンサートではエリントンのピアノソロを華麗に演奏してくれました。
気が小さくて、本番の演奏を逃げ出してしまったこともあるエリちゃんも、Jazz Hornetsを代表するドラマーとして大会曲を立派に演奏してくれました。
「アイドルのライブに行けなくなるから入部しない」と言っていたタイ。Jazz Horetsのリードアルトとして、サックス隊を率い、ソリストとしても抜群の演奏を聴かせてくれました。
3ヶ月、休部して復帰したソノちゃん。バラードのソロ、美しかった!
最後の最後に「本気になる」ことを学んだトム。Diminuendo In Blueのソロ、カッコよかったよ!
一度退部して戻って来たマタイ。一からやり直してNo Time Like Presentのソロを聴かせてくれました。
音楽性が豊かで努力家のクゼ。Sophisticated Ladyで循環呼吸を披露。会場を沸かせました。
初心者で始めたにもかかわらず、Lead Trumpet としてバンドを牽引してきたカノコ。自信を失った次期を乗り越えて、堂々たる演奏でした。
入部した時は変な吹き方でさっぱり音が出なかったハンナ。人一倍努力して、エースソリストに成長した姿を見せてくれました。
部活をしょっちゅうサボる問題児だったトモ。2年生になってから人が変わったように明るく前向きになり、大会にも出場。最後の晴れ舞台は見事でしたよ!
バンドのムードメーカー、ミヤジ。演奏だけでなく、司会としても大いに会場を盛り上げてくれました。
気が小さくていつも泣いていたサワコ。きみの根性は誰もが認めていましたよ。No Time Like Presentのソロも素敵でした。
テヅカ!よく最後まで頑張ったな!(涙)
そして、スタッフとして音響、録音、録画、セッティング、スケジュール管理と、わたしたちの活動を支えてくれたイカラシ、オオノ、トサ。コンサートの設営、録画、録音、ディレクターも全て完璧にこなしてくれました。ありがとう!
そして最後に、ベースを担当した部長のヒロコ。ベースを弾きながらHow High The Moonを熱唱。一年間、重責お疲れ様。ありがとう!

Jazz Hornets歴代、最も下手くそで問題児揃いだった46回生。
その君たちが、本当に楽しく、生き生きとした演奏ができるように成長してくれた。
音楽はテクニックではなく、内側に秘めたエネルギーが何より大切だということを教えてくれました。ありがとう!そしてお疲れ様。

19名中7名が、敬和学園大学Jazz Questでジャズを続けてくれることになりました。そのことも何より嬉しいことです。

最後になりましたが、3年前からわたしたちを指導して下さっている、トランペッターの外山昭彦さん。仕事をキャンセルして、大会に、そしてコンサートにと東京から足を運んでくださいました。外山さんのご指導がなければ、わたしたちはここまで成長することはできませんでした。本当に感謝します!
そして大会曲を作曲して下さった、マーク・マリン先生。Bird Landでは一緒にトロンボーンを演奏してくださいました。
すばらしい先生方に指導していただき、また愛していただいて、わたしたちは本当に幸せだと感じております。

活動を支えていただいた、保護者の皆様、先生方、演奏に呼んでいただいた全ての方々に感謝いたします。
たくさんのOBも駆けつけてくれ、後輩の晴れ姿を応援してくれました。
コンサートのテーマは No Time Like Present。
「今に勝る時はなし」
聴いていただくお客様、指導してくださる先生方、そして一緒に演奏する友達。こんな素晴らしい仲間と一緒に音楽ができる喜びと感謝。
これがわたしたちの演奏の原点なのだと、改めて実感した一夜となりました。