2018年5月17日木曜日

スタフォード・ハンター氏クリニック


 5月14日、現Duke Ellington Big Band のトロンボーン奏者、ソリストのスタフォード・ハンターさんによるトロンボーンクリニックを実施しました。
 試験前ということもあり、バンドのクリニックはできませんでしたが、トロンボーンセクションと有志で、ブラスセクションの基礎練習をみっちりやっていただきました。
 効果的なロングトーン、リップスラー、タンギングの練習は、とても難しいものでしたが、「練習すれば必ずできるようになる。アスリートたちが毎日筋肉のトレーニングをするのと全く同じ。わたしたちも、口輪筋のトレーニングが必要」と励ましていただきました。
 今回のテーマは、"Air is the king!"
 反対側の壁にある一点に向かってエアを安定して流し続けるイメージを持ち、何か困難にぶつかったら、必ず解決策はエアの中にある、と教えていただきました。
 いつもお世話になっているマーク・マリン先生も同行していただき、お二人の素晴らしい演奏にも堪能いたしました。
 ありがとうございました!

参加生徒 8名

2018年5月9日水曜日

ピース・フェスティバル


 去る、5月3日、憲法記念日、信濃川やすらぎ堤にて、「ピース・フェスティバル in にいがた」が開催され、演奏しました。
 強風と雨で、お客様はとても寒そうでしたが、大きな声援を送っていただき、アンコールもいただきました。感謝いたします。演奏の時間だけ雨が止み、なんとかお役目を果たすことができました。屋台で唐揚げを買うと、ポテトをおまけにいただきました。嬉しかったです!
 曲目は、The Beatles Medley(吉田治さんのアレンジです),  That Warm Feeling,  Time Check。そしてアンコールには  Sing Sing Singを演奏させていただきました。


参加生徒20名

2018年5月7日月曜日

敬和学園大学 Jazz Quest 山野ビッグバンドコンテスト予選突破!


 敬和学園高校ジャズホーネッツの兄弟バンド、敬和学園大学ジャズクエストが、5月6日、東京で開催された、大学生ジャズビッグバンドコンテストの最高峰、「山野ビッグバンドコンテスト東日本予選会」に出場し、見事予選を通過、全国大会である本戦出場を決めました。結成して四年目、新潟県からは初出場の快挙です。しかも在学生数700名ほどの地方の小さな私立大学から。
 東日本予選会では、東京大学、横浜国立大学、上智大学、国際基督教大学、筑波大学などが出場し、素晴らしい演奏を披露。とても刺激を受けました。
 敬和学園大学ジャズ・クエストは、ジャズホーネッツの卒業生を中心とするバンドで、高校同様、新潟名誉市民であるデューク・エリントンを深く尊敬し、アンプを使用しない、アコースティックサウンドを追求していますが、現代音楽が主流の大学ビッグバンドの中で、その方向性が認められたことに大きな喜びを感じます。また、新潟県初の全国大会出場は、一県民として、誇らしく思いました。
 曲は、もちろん、デューク・エリントンの Perdido。四年生の大屋が素晴らしいソロを演奏してくれました。
 同じく予選を通過した国際基督教大学には、敬和学園高校ジャズ・ホーネッツの卒業生が4名参加。コンサートマスター、サックスセクションリーダーなど、指導的な役割を果たしていたことも、本当に嬉しく思いました。ちなみに、昨年、一昨年と、全国大会で2連覇を達成した慶應大学のバンドでソリストを務めた、ジャズ・ホーネッツ卒業生の鈴木くんが山野楽器に就職し、会場係として、陰ながら応援してくれたことも感慨深いものがありました。
 前日に東京入りしたわたしたちを、高校時代に指導して下さった、トランペッターの外山昭彦さん、吉田治さん、宮澤裕行さんが歓待して下さり、貴重なアドバイスもいただきました。大学関係者など多くの皆さんの応援を受け、幸せな音楽活動を行えることを改めて感謝いたします。
 教え子がたくましく成長し、活躍している姿は、教師冥利に尽きます。教師生活最後の年に、最高のプレゼントをいただきました。あなたたちは、わたしの誇りです。ありがとう!全国大会では、もっともっと素晴らしい演奏を期待しています。
 敬和学園大学ジャズ・クエストは、他大学生、専門学校生も参加可能です。ぜひ、新潟のパワーを結集して、これからも新潟の名誉市民エリントンの魅力、新潟の素晴らしさを発信いたしましょう!
 

2018年4月24日火曜日

アルビレックス応援

去る4月22日、ビッグスワンにて、アルビレックス新潟の応援演奏を行いました。
今年度からは、カナルステージから、イベント用のオレンジトラックを舞台に、よりお客様に近い場所で応援させていただくことになりました。
20分の演奏後、チアのパフォーマンスをはさみ、再び20分の演奏を行いました。

今年、Jazz Hornetsには、21名の新入生が入部してくれました。
1年生は、笑顔で演奏を盛り上げてくれました。
最期には暖かいアンコールの拍手もいただき、感謝いたします。

試合は、大宮アルディージャに0-1で負けてしまいました。
力が足らず申し訳ありません。
今年も、全力で応援いたします。よろしくお願いいたします。

参加生徒 30名
なお、演奏の様子はNCV(TV)で生中継されました。

2018年4月5日木曜日

2018 春合宿


 去る3月31日から4月2日まで、2泊3日で春合宿を行いました。講師はトランペットの外山昭彦さんと、宮澤裕行さん。宮澤さんはICUのビッグバンド、MMSの出身で、現在は音楽プロデューサー。全体のリズム練習と、リズムセクションの基礎練習(ラテン)を見ていただきました。2泊3日、みっちりと基礎練習に励んだ、有意義な合宿となりました。

参加者
高校生22名
大学生10名
講師 外山昭彦さん 宮澤裕行さん

2018年3月30日金曜日

48回生が卒業しました


去る、2月26日、我が家での3年生お泊り会を行いました。卒業して行く3年生と、温泉に入り、鍋をかこみ、太夫浜コンサートのDVDを鑑賞しました。



2月28日は部活動のお別れランチ。
48回生の前途に神の守りがありますように!

2018年1月29日月曜日

新潟ジャズストリートで演奏しました


 去る、1月20日、新潟ジャズストリート(音文)で演奏しました。
 三人の生徒がインフルエンザにかかるという、超ピンチ!
 わたしと、副顧問のあかねの二人で、代理を務めながら、精一杯の演奏をいたしました。
 いつも生徒に、「ピンチはチャンス!」と言っています。
 今回のピンチも、みんなの団結力と集中力を高める結果となりました。
 曲目は、Wind Machine,  Night Flight,  Time Check,  Cottontail など、難しい曲がたくさんありました。副顧問のあかねは、なんと二日で全ての曲をさらって演奏しました。さすが、大学でジャズ専攻だけのことはあります。わたしも、ゆっくりの曲を代打で。指揮はあかね。
 Cottontail のソロを担当するはずだったリサは、インフルエンザで吹けなくなるとわかって、号泣。初心者でサックスを始め、夏休みからずっとそのソロを練習していたんです。
 また別のステージで、ご披露させていただきます。
 写真は、友達の小林さんが写したもの。
 これからも応援をよろしくお願いします。