2008年12月24日水曜日

献血キャンペーンで演奏しました


 12月23日は、毎年献血キャンペーンの日です。この日は、新潟中の私立高校のインターアクト部員が結集して、献血をよびかける街頭キャンペーンを行っています。
 敬和学園高校器楽部Jazz Hornetsも、演奏とビラ配り、そして献血に協力しました。
 応援に来て下さった皆さん、ありがとうございました。引退したばかりの3年生も、チバとアベマリが来てくれました。
 それから、通りすがりに25回生の器楽部OG、アライさんが声をかけてくれました。後輩たちの演奏を見て目頭を熱くされており、こちらも大感激しました。
 この日の演奏とボランティアの為に、県外出身の寮生は、友達の家や私の家に分宿。たくさんの皆さんのお世話になりました。ありがとうございます!また、帰省を待ちわびておられた保護者の皆様、大切なお子様をお引き留めして申し訳ありませんでした。
 Jazz Hornetsは、1,2年生のみになってからの初ステージでした。この演奏が、2009年度の演奏活動の原点になります。音程や、ソロなどさまざまな課題がありますが、ジャズらしい音圧を感じさせる、のびのびとした演奏だったと思います。
 不景気の風が吹き荒れています。しかし景気が悪くなると、分かち合い、助け合うという人間本来の美しい姿が現れるようになるといいます。今日はクリスマスイブ。キリストが貧しいうまやで誕生されたことの意味をしっかりと考えつつ、今年のクリスマスを過ごしたいと思います。
 皆様も、良いクリスマスをお過ごしくださいますように!

2008年12月23日火曜日

本日、献血キャンペーンで演奏いたします

 本日、新潟市万代バスセンター屋上のステージにて、11時25分から、Jazz Hornetsが演奏いたします。曲目は、Strike Up The Band, Little Brown Jug, Take The "A" Train, A Big Band Christmasの四曲です。Aトレインのツカダくんのトランペットソロが聴きどころです。オリジナルのソロの感じを良くつかんでいますよ!11時からは声楽部が美しい歌声を響かせます。インターアクト部の生徒たちが大勢ボランティアをいたします。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。献血もよろしくお願いします!

2008年12月9日火曜日

近況報告

 敬和学園高校は、讃美歌発表会が近づき、どのクラスからも歌声が響くようになりました。
 讃美歌の練習もあるので、4時半から5時半までの短い練習となっています。
 そんな中、ドラマーのなお・さいとう先生に、ご指導をいただいております。
 先生は演奏活動もお忙しい中、私たちのために時間を割いて下さり、本当に感謝しております。

 現在練習している曲は、
 A Little Brown Jug
In the Mood
Take the "A" Train
Sing Sing Sing
この4曲は、以前も演奏しましたが、一般の方もよく御存知のジャズということで、毎年必ず練習しておこう、ということになったのです。それから、2009年度の曲の練習も始りました。
Channel One Suite これはバディ・リッチの大曲です。1年がかりで仕上げるつもりです。
 Ya Gotta Try Harder ネスティコの有名な曲です。これも難しいです。
 Tall Cotton これもネスティコ。トロンボーンのソロから始まります。
 Splanky これもネスティコ。カッコいい曲です!
One O'clock Jump ベイシー楽団の楽しい曲。
 Cute ベイシー楽団の、トランペットのソリが楽しい曲。
 以上の曲に加えて、2008年度に演奏した、
 Time Check
Strike Up The Band
Spain
The Chicken
I Wish
Fancy Pants
そして、スポーツの応援用に
 Gonna Fly Now
Smoke On the Water
We Will Rock You
を引き続き演奏してゆく予定です。

 そして23日に迫った献血キャンペーンでは、A Big Band Christmasという、クリスマスソングをフィーチャーしたジャズの曲を演奏する予定です。
 3年生が抜けて少しさびしくなりましたが、これからも応援をお願いします。