2008年12月24日水曜日

献血キャンペーンで演奏しました


 12月23日は、毎年献血キャンペーンの日です。この日は、新潟中の私立高校のインターアクト部員が結集して、献血をよびかける街頭キャンペーンを行っています。
 敬和学園高校器楽部Jazz Hornetsも、演奏とビラ配り、そして献血に協力しました。
 応援に来て下さった皆さん、ありがとうございました。引退したばかりの3年生も、チバとアベマリが来てくれました。
 それから、通りすがりに25回生の器楽部OG、アライさんが声をかけてくれました。後輩たちの演奏を見て目頭を熱くされており、こちらも大感激しました。
 この日の演奏とボランティアの為に、県外出身の寮生は、友達の家や私の家に分宿。たくさんの皆さんのお世話になりました。ありがとうございます!また、帰省を待ちわびておられた保護者の皆様、大切なお子様をお引き留めして申し訳ありませんでした。
 Jazz Hornetsは、1,2年生のみになってからの初ステージでした。この演奏が、2009年度の演奏活動の原点になります。音程や、ソロなどさまざまな課題がありますが、ジャズらしい音圧を感じさせる、のびのびとした演奏だったと思います。
 不景気の風が吹き荒れています。しかし景気が悪くなると、分かち合い、助け合うという人間本来の美しい姿が現れるようになるといいます。今日はクリスマスイブ。キリストが貧しいうまやで誕生されたことの意味をしっかりと考えつつ、今年のクリスマスを過ごしたいと思います。
 皆様も、良いクリスマスをお過ごしくださいますように!

0 件のコメント: