2010年10月31日日曜日

太夫浜コンサートが終わりました

10月29日、わたしたちの定期演奏会「太夫浜コンサート」を開催しました。敬和学園高校のチャペルに、400名近いお客様がいらして下さり、大声援を送ってくれました。本当に感謝します。
部員一同、最高の夜を過ごすことができました。それも全て、支えて下さったスタッフ、保護者の皆様、そしてご来場のお客様のお陰と、深く感謝いたします。わたしたちにこのような大きな喜びを与えてくださったお客様が、少しでも楽しく、幸せになれるように、心を込めて精一杯の演奏をいたしました。少しでもこのねがいが達成できていればこれに勝る幸いはありません。
変な話ですが、野球選手のイチローは、いつも数万人のお客様に声援を送ってもらっています。わたしはあの球場にいる中で一番幸せな人はイチロー選手だと思うのです。全て、人の声援をいただく仕事をする者達は、幸せです。だからこそ、声援を送ってくれる人たちに対する感謝の気持ちを忘れず、その人達がハッピーになれるように最善を尽くすのだと思います。
この日、41回生のニノセ、キエ、ハルナ、マコ、ホシミ、アリムラの6名が引退しました。今までお疲れ様!Jazz Hornetsを去る今、彼らは自分達がいかに恵まれていたかを噛みしめています。コンサート前には、思い余って泣き出す子もありました。「時間よ止まれ!」という願いもむなしく、1時間半のコンサートはあっという間に過ぎてしまいました。「夏休みに部活なんかしたくない!」と言っていたハルナ。「先生のやり方にはついてゆけません」と休部したキエ。後輩に上手なドラマーが入ってきて心が折れそうになったマコ。好きなことには何でも手を出して我慢を知らなかったホシミ。入部して一ヶ月で退部し、引退前2ヶ月に戻ってきたアリムラ。それぞれ紆余曲折を経て、このハレの日を迎えることができました。そして、そんな仲間を最後まで辛抱強く待ち続けた部長のニノセ。本当にお疲れ様でした!
個性の際立つ学年でもありました。しっかりもののキエ、よく気のつくハルナ、ベースが抜群にうまいホシミ、ムードメーカーのマコ、そして皆を笑わせてくれるアリムラ。そして大らかで熱心なニノセ。最初はそれぞれの個性がぶつかり合い、最後にはそれらの個性がうまく機能して、すばらしいバンドを作り上げてくれました。
コンサート後、OB会を行いました。39回生ニシムラ、ササザキ、アベマリ(なんと可愛い後輩のホシミのために飛行機で駆けつけ、夜行バスで帰って行きました)、ワダ、40回生のイクミ、アキホ、ミホ、ネギシ、37回生のチヒロ、38回生のミツマ、深夜までお疲れ様!
その他にもコンサートに大勢のOBが来てくれました。来年もタユコン後にOB会をいたします。ぜひ旧交を温める場に利用してください。
今日はこれから、アルビの応援です。不敗神話継続なるか?相手は鹿島アントラーズです。頑張ります!

0 件のコメント: