2018年10月28日日曜日

第42回太夫浜コンサート


 10月26日、わたしたちの定期演奏会、太夫浜コンサートを開催しました。
 ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!
 外山昭彦さん、吉田治さん、宮澤裕行さん、日比野則彦先生、マーク・マリンさんという豪華なゲストと、OB OGバンドのみなさん、敬和学園大学 Jazz Quest のみなさんをお迎えして、素晴らしいコンサートとなりました。
 このコンサートをもって、49回生が引退しました。
 朝も昼も夜も練習を欠かさず、素晴らしいピアニストに成長したゆきほ。二年生の時に3ヶ月近く休部しましたが、復活して副部長に。リズムセクションのリーダーとして、下級生ばかりのセクションを立派に成長させてくれました。
 姉二人がJazz Hornets。トランペットのしょうきは、初心者で始めました。コンクールまで高音が出ず、涙を飲みましたが、この日、素晴らしいハイトーンを響かせることができました。朝も昼も夜も練習一筋。とうとう努力が実りました。
 さちかも初心者でトランペットを始めました。トランペットは演奏できるようになるまで3年を要する難しい楽器です。さちかも朝も昼も夜も練習を続けました。クルージンのソロは、マルサリスを彷彿とさせる素晴らしい内容でした。
 のりもトロンボーンを初心者で始めました。最初は楽譜も読めないどころか、ドレミすら分からなかった。仲間のトロンボーンが次々と退部してしまい、3年生が一人になってしまいました。大変だったことでしょう!よく頑張りましたね!
 かほはクラリネットとサックスを担当。可愛らしい女の子に見えますが、根性がありました。難しいソロはほとんど担当。全てを暗譜して堂々と演奏しました。クラリネットのソロでは大人を泣かせるほどの表現力でした。司会も歌もダンスもこなす、万能選手でした。
 まいかも努力家でした。サックスセクションの中では一番下手くそで、泣きながらみんなについてゆきました。そしてSnakesやCruisin'など、全ての難しいサックスソリを吹きこなせるようになりました。最後にQueen Bee のソロを担当。きみの天真爛漫な性格は、部活動の癒しでした。
 あゆみはバリトンサックスの名手。クールな表情とは裏腹に、ものすごく負けず嫌い。その性格で、成績は3年間常にトップクラス。英検2級も合格。進路も実現し、そして最後にミンガスのMoanin'のロングソロを、CDから耳コピして堂々と演奏しました。
 お姉さんがJazz Hornetsだったアルトサックスあん。部長、1年間お疲れ様でした。常に一番上手で、ソロも担当。のんびりした性格なのに、指は高速回転。よく部活動をまとめ、その結果、ステラジャム自由曲優勝という、部活初の快挙をなしとげてくれました。
 49回生は、8人しかおらず、性格も地味で友達も少ない(笑)。どうなることかと心配しましたが、最終的にはJazz Hornets史上で最高の演奏ができるようになりました。本当によく頑張りました。ありがとう!
 

 そして9人目に引退するのが、わたくし辻元です。13年間Jazz Hornetsを指導しました。コンサートには、たくさんのOB OGが来てくれて演奏を披露してくれました。立派な演奏を聞いて感無量でした。13年間、色んなことがありました。いまはただ、苦しいことも含めて全てが楽しかった。これまで支えて下さった多くの方々、生徒のみなさん、お客様、ありがとうございました。
 講師の先生方のバックで、Star Crossed Loversのソロを、これまでお世話になったみなさん、お客様への感謝と愛を込めて、演奏させていただきました。最高の花道となりました。ありがとうございました。
 最後になりますが、コンサートを支えてくれたボランティアスタッフの皆さん、ありがとう!太夫浜コンサートはみなさんのご協力がなければ出来ません。みなさんの存在が、あの暖かい雰囲気を作り出してくれているのです。スタッフには多くのOBも協力してくれました。卒業後も手弁当で頑張ってくれました。本当にありがとう。そしてスタッフをまとめてくれ、裏方の統括として常にバンドを支えて下さった、佐藤先生、ありがとうございました。
 この世の全てのものを支配する大きな存在があると信じています。その方が、わたしたち一人一人を大切に見守っていてくださる。そのような存在に愛されて、辛く苦しいことも含めて、全てが必要なことであったと感じております。どうか皆様もそのような愛の中にあって、これからも楽しく、機嫌よく過ごされますよう、お祈りいたします。
 これからは村田茜がバンドを率いてまいります。今後も変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 終演後、OB会をいたしました。全国から50名以上の懐かしく、大切な人たちが集まってくれました。わたしが引退しても、このつながりを大切にして、良い時も悪い時も、支え合って欲しいと願っています。人生に悪い時はかならずあるものです。それは決して恥ずべきことではありません。良い時もあります。それは決して自慢するべきことではありません。ただ、喜び、感謝して、仲良くしてほしいと思っています。


 それではみなさま、重ねて感謝を申し上げます。ありがとうございました!そして、ごきげんよう!

 

0 件のコメント: