2018年10月22日月曜日

第42回太夫浜コンサートのご案内

時:2018年10月26日(金)

17時より OBステージ Jazz Hornets OBによる演奏と、敬和学園大学Jazz Questの演奏、およびOBによるセッション。(内輪の和やかな雰囲気のコンサートです。OBやジャズがお好きな方向け。)
18時より 高校生Jazz Hornets ステージ (こちらが本番です)
20時   終演

ところ:敬和学園高校チャペル

その他:駐車場がございます。新潟交通のバスでお越しの場合、終演後、豊栄駅、新潟駅行きの貸し切りバスを運行いたします。

 わたしたちの定期演奏会、太夫浜コンサートを開催いたします。
 今年のテーマは、Happy Go Champion。デューク・エリントンの曲、Happy Go Lucky からの文字りです。Happy Go Luckyとは、「幸せに楽しく暮らしていたら、なんだか幸せになっちゃった」という意味です。この曲で9月に行われた国際ジュニアジャズフェスティバル、自由曲部門優勝いたしましたが、「楽しくジャズを追求した結果、優勝させていただいた」という気持ちを表しました。
 このコンサートで、49回生と、わたくし辻元が引退いたします。

 曲目は国際ジュニアジャズオーケストラフェスティバルで演奏したHappy Go Luckyや、恒例のダンス曲(今年は欅坂のSilent Majority)など。
 今年の目玉は、わたしたちの指導者、吉田治さん作曲の The Beatles Medley。みなさんも一度は聴いたことのあるビートルズの名曲をメドレーでお届けします。そして、前述の大会で演奏したもう一つの自由曲、Snakes。この曲も吉田さんの作曲で、バトルジャズビッグバンドのCDに収録された素晴らしい曲です。

 素晴らしいゲスト陣にご協力いただきます。
 まず、長年わたしたちを指導してくださっている、トランペッターの外山昭彦さん。
 素晴らしい曲を提供してくださり、指導もしていただいた吉田治さん。
 新潟が誇るサックス奏者、日比野則彦さん。
 同じく、新潟が誇るトロンボーン奏者マーク・マリンさん。
 そして、音楽プロデューサーでギタリスト・リズムセクション指導者の宮澤裕行さん。
 これらのゲストによる演奏もお楽しみください。
 
 もう一つ、今回は、OBバンドが友情出演してくれます。プロを目指しているOB、大学生の全国大会山野ビッグバンドジャズコンテストで二年連続優勝した慶応ライトミュージックで活躍したOB、各大学のビッグバンドで、コンマスを務めているOBなど、高校卒業後も頑張っている皆さんの素晴らしい演奏をお聞きください。そして、今年山野ビッグバンドジャズコンテストに、新潟県から初出場した、敬和学園大学ジャズクエストも、大会曲を披露してくれます。
 コンサート後にはOB会も予定しています。みなさまのお越しをお待ちしております。

0 件のコメント: