2016年9月6日火曜日

夏合宿と聖籠緑地イベント


8月20日から23日まで、夏合宿を行いました。新しい部室を与えられ、学校に寝泊りしての3泊4日。今回は、 トランペッターの外山昭彦さん、サックソフォニストの吉田治さん、そしてICU、MMSのOB、宮澤裕行さん(リズムセクション指導)にお越しいただき、ご指導を受けました。吉田さんからは、自らの作曲になる、Do It!をご指導いただくという光栄にも恵まれました。講師の先生方は、1日4時間睡眠でお付き合いいただき、生徒たちも1日12時間の練習を頑張りました。敬和学園大学のJazz Questのメンバー、そして42回生のOGゆりのも参加。練習後には、先生方のお話に耳を傾け、とても勉強になりました。慶応のライトミュージックソサイアティで、二年連続最優秀賞を受賞したメンバーでJazz HornetsOBの雄太郎も、差し入れをしてくれ、色々とアドバイスもしてくれました。今回は徹底して、「根拠のある演奏」をキーワードに、8分音符の位置と長さをしっかりと確認する大切さを学びました。そして何より、楽譜を越えて、思いを人に伝えられる演奏の大切さを学びました。宮澤さんのご指導で、リズム感を鍛える練習も教えていただき、実りの多い合宿となりました。先生方、ありがとうございました!



8月28日は、聖籠緑地で「聖ロック」というイベントが開かれ、そちらで演奏いたしました。とても暑い日で、お客様も大変でしたが、一生懸命演奏しました。演奏後、お客様から、「いいものを聞かせてもらったよ、ジュースでも飲んで」とお金をいただきました。思いを込めた演奏をすれば、その思いを受け止めていただけるんだな、と改めて感じ、とても感動しました。音楽はやっぱり、演奏者と聞き手の共同作業なんですね。

 いよいよ、9月10日、河口湖ステラシアターで開催される、ステラジャムが近づきました。敬和は10日3時過ぎより演奏いたします。全国から集まる素晴らしいバンドの演奏から学び、また自分たちの演奏も聴いていただける貴重な機会です。こちらでも思いを込めて、全力で演奏してまいります。応援をよろしくお願いします。

0 件のコメント: