2010年4月29日木曜日

新潟ジャズストリート

 今年も新潟ジャズストリートに参加させていただきます。
 7月17日(土)、Next 21内、市民プラザにて、14:45-15:45までの出演となります。
 ぜひお越しください。

 今年の目玉は、何と言っても、アップテンポの難曲を4曲も揃えたところです。

Magic Flea
Night Flight
Backwood Sideman
Ya Gotta Try Harder...

 特にMagic Flea はテンポが300を超え、(1分間に四分音符を300個演奏するというスピードです)、まるでカーレースのような曲です。ヨーイ、ドン!はいゴール!という感じです。
 それから、Gordon Goldwin のCount Bubba's Revengeは、アンサンブルがとても難しく、しかしその分、聞きごたえのある一曲です。
 Jazz Hornetsの歴史の中でも、最も難しい曲にチャレンジする年となりました。

 さて、13人目の新入生が入部してくれました。男の子ですので、さっそくニックネームをつけました。アンディくんです。アンディ君は、このブログに書き込みをしてくれたことがきっかけで入部となりました。音符も読めず、楽器も初心者ですが、トランペットを吹くことになりました。
 ところで…
 このアンディ君、ひょっとするとトランペットの天才かも知れません。
 まず口と唇の形が、天才トランペッターの条件を備えています。あのブレッカー氏とそっくりの唇の形なんです。
 それで、まず、唇だけのバズゥイングを練習してもらい(トランペット初心者には、この練習が最適だと思います。これは絶対にお勧めの方法です!)、それからペットを試奏してもらいました。
 彼が生まれて初めて吹いたペットの最初の音は何だったと思いますか?
 チューニングBbの上のFの音だったのです!
 しかも音色が実に綺麗でした!
 成長が実に楽しみなアンディ君です。ぜひ今後のご報告をお楽しみに!
 

0 件のコメント: