2009年8月29日土曜日

Student Jazz Live in Niigata 2009


 去る8月23日、今年も敬和学園高等学校でStudent Jazz Live In Niigata を開催いたしました。
 今年の参加は、五十嵐中学とそのOBバンド、そして敬和学園の3団体でした。
 五十嵐中学さんは、このライブで3年生が引退。心のこもった、そして元気いっぱいの演奏でした。ジャズストリートから一夏の練習を経て、とても素晴らしいサウンドに成長していました。
 トランペット、トロンボーン、サックスと、五十嵐中学のソリスト達は皆すごかったです。サックスは去年のカンダくんの伝統を受け継いだアグレッシブなアドリブを展開してくれました。トランペットは、ハイC,ハイDを駆使したスリリングなソロ。そして、トロンボーンは女の子も男の子も、本当に楽しい、元気いっぱいのソロ。とても勉強になりました。
 五十嵐中学を指導されている沢野先生(ドラム)に音響をお願いしました。素晴らしい音響でした。人工的でない、ナチュラルな音響で、学生ジャズを愛するお人柄がにじみ出るような、配慮の行き届いた音響で、私たちも気持ち良く演奏することができました。
 写真は、最後の合同演奏のリハーサル風景です。50余名の五十嵐中学、10名ほどの五十嵐OB,そして30名ほどの敬和学園が一緒に壇上に上がり、Fantasy と Things Ain't What They Used To Beを合奏しました。迫力のある好演奏だったと思います!
 これからも五十嵐中学さんとご一緒に、新潟の学生ジャズを続けていけたらいいな、と願っています。五十嵐中学の皆さん、卒業したら、敬和でジャズをやりましょう!(笑)
 最後になりましたが、日本学生ジャズ教育協会新潟支部長のマツムラ先生、お世話になりました。先生には、来春にでも、ジャズ・クリニックを計画したい、というお考えがあるようです。またご案内いたしますので、楽しみにお待ちください。

3 件のコメント:

かんだ さんのコメント...

先日はありがとうございました!!
引退したステージにまた出演でき、とても感謝してます。
敬和学園の演奏を拝見しましたが、やはり上手い!ってゆうのが感想ですw(笑
各パートのバランスもいいし、全体のバランスも丁度いいので聴いている方は自然とリズムが取れました!!ただ、演奏場所がチャペルだったため、若干ですが横のハーモニーがズレてるように感じました?でも、演奏自体は社会人バンドに並ぶくらい素晴らしかったです!特にソリストの村田茜さんと柴田野ゆりさんは音に厚みが増し、テクニックもプロなみだったと思いました!私はテナーにしろアルトにしろまだまだ音のバランスやソロ全体の安定感がないので。。。涙

辻元秀夫 Tsujimoto Hideo さんのコメント...

カンダ君、コメントありがとう!
先日は一緒に演奏できて楽しかったです。
五十嵐OBバンド、いよいよ始動ですね。
これからが楽しみです。
五十嵐中学を卒業したり、敬和学園を卒業した若者が集まって、楽しくジャズを続けられる環境が整えばいいですね。
将来は五十嵐OBと敬和OBで、一緒に演奏するとか…もちろんマツムラ先生にご指導をお願いしましょう!

カンダ君、アルトも良かったですよ!
五十嵐のサックスの後輩たちのレベルがぐんと上がっていたのは、カンダ君の功績ですよ!
素敵な仲間たちとの素敵なコンボ。とても良かったです。一度、ジャズホーネッツとも共演しましょう!

アルトのアドリブと、テナーのアドリブって、雰囲気が違いますよね。
わたしは、アルトは研ぎ澄まされたような、ビシビシ突き刺さるような演奏が好きですし、テナーは豪快でドンドンと連打されるような演奏が好きです。
わたしもアルトとテナーの両方を吹きますが、違った楽しさがあっていいですよね。
ソニー・スティットという人が両方吹きますよ。
以前はテナーが断然好きでしたが、最近は、フィル・ウッズなど、アルトも大好きになりました。
フィル・ウッズとSWR Big Bandが共演しているアルバムがあります。ぜひ聴いてみてください。

かんだ さんのコメント...

ありがとうございます!!
是非、ジャズホーネッツさんと一緒にジャズやらせてください!!近いうちでも別にいいので(笑)