2011年8月21日日曜日

オープンスクール、万代橋誕生祭で演奏しました

8月20日(土)、敬和学園高等学校のオープンスクールで、中学生の皆さん、その保護者の皆さんの前で演奏させていただきました。中学生は緊張気味。むしろ保護者の皆さんの方がノリノリでした。ジャズはやっぱり大人の音楽なのかも知れませんね。敬和を受験して下さる中学生の皆さんの合格を祈念して、一生懸命演奏させていただきました。
その後、楽器を積み込んで万代橋のたもとへ。万代橋誕生祭で演奏しました。私事ですが、新潟市のシンボル万代橋とわたしの母は同い年で、8月生まれというのも一緒なんです。数年前、80歳の誕生日を共に祝いました。
この演奏は、電気の供給に対してわたしたちの使用する電気の容量が大きすぎ、電気が不安定で、ピアノが使えなくなり、ベースアンプも電源がすぐ落ちるという緊急事態でした。更に、スネアドラムのスナッピーが外れる、ソロマイクがスタンドから落っこちるなどの数々のトラブルに見舞われましたが、何とか演奏を無事終えることができました。とっさの判断でギターアンプの音量を絞ってベースに接続し、マイクで拾うなど、全て演奏しながら状況を乗り切ってゆきました。生徒たちがお互いにサポートし合い、仲間を信じて自分の演奏に集中し「今自分が何をするべきか考えながら行動する」ことが少しずつ出来るようになってきたのだな、と生徒たちの成長が頼もしかったです。Jazz Hornetsの歴史の中で、最も緊迫した状況での演奏でしたが、お客様からは暖かい拍手をたくさんいただき、喜んでいただけて何よりと思っております。
演奏後、主催者のお一人から、「先生、ジャズストリートでも、ラフォルジュルネでも拝見しましたが、敬和の生徒さんたちのマナーが素晴らしく、ぜひここでも演奏して欲しいと思ったのです」と声をかけていただきました。演奏をお褒めいただくのも嬉しいですが、マナーを褒めていただいたことは本当に嬉しく、やはり学生の部活動は人間的にも成長する場でなければならないな、と感じました。
21日は、川崎でおかなわれるStudent Jazz Concertに出演のため、朝6時4分の新幹線で出かけます。敬和学園には朝の5時集合。生徒の移動にはタカナシさん、サイトウさんに車を出していただきます。寮が開くまで、コスゲさんとアナンさんのお宅に寮生が宿泊させていただきました。多くの方々に支えられていることに感謝して、一生懸命演奏して参ります。前回のStudent Jazzでは持ち時間をオーバーするという大変な失態で、関係者の皆さんに多大なご迷惑をおかけしました。今回は何度も何度も時間を測りましたので大丈夫だと思います。関東のOBの方々、よろしかったら応援にいらして下さい。

0 件のコメント: